復縁講座4回目:最もコスパの良い復縁手段とは?

復縁講座4回目:最もコスパの良い復縁手段とは?

●復縁したいけど、もっともコストパフォーマンスの良い方法は何?
●復縁したいけど、自分にあった方法が知りたい。

と思ったことはありませんか?

今回の記事で、こうした疑問が晴れることになるでしょう。

実際、復縁活動を取り組もうと思うと、以下の選択肢が見つかると思います。

1:復縁工作
2:ノウハウなしのメールサービス
3:パワーストーン
4:占い・占い師
5:復縁ノウハウ

順にメリット・デメリットなどについて見ていきたいと思います。

 

1:復縁工作

探偵事務所に復縁工作を依頼するという方法です。
メリットはプロの第三者を入れることで、あなたをティーアップしてくれるので復縁成功率が高い点です。

ただし、注意点があります。
プロの第三者が動くので、あなたが復縁工作の指示に従わないといけません。

指示に従わないことで成功率が下がってしまったり、アクシデントが起こる可能性があるからです。

逆に言えば、ある程度復縁工作業者に任せることができるので、楽と言えば楽です。

デメリットは費用が高額な点です。
復縁工作の相場は、200~400万円と言われています。

こうした金額がぽんっと出せる人であれば、有効な手段と言えるでしょう。

2:ノウハウなしのメールサービス

復縁メール相談サービスやメールでのアドバイスだけに特化したサービスです。

メリットは、心の癒やしが期待できる点です。
1通いくらのサービスなので、あなたにとって、良いことを言ってくれる可能性が高いので、気分的には満たしてくれやすいでしょう。

デメリットは、
A:費用の総額が割高
B:ギャンブル要素が強い

という点です。

A:費用の総額が割高な点。

復縁メール相談サービスでは、「冷却期間をとりましょう」とはまず言わないでしょう。

その理由は「ビジネスだから」です。

復縁メール相談サービスは当然ながら、慈善事業ではありません。

だからこそ、すぐにメール相談を利用したくなるような返事を返す傾向が高いからです。

よって、あなたの自分磨きが進んでいて、知識が十分にあれば、あなたの知識を補ってくれる情報を提供してくれるでしょう。

あなたがまだ、復縁について十分な知識が無い。これからどうして良いかわからない。

という場合には、復縁メール相談サービスを活用しても、思うような効果が得られない可能性が高いです。

従って、上手に使えば、役に立つ可能性はありますが、使い方を間違えてしまうと、割高でなおかつ復縁に有効ではなくなるリスクがあります。

B:ギャンブル要素が強い

メールサービスのみ提供しているサービスの場合、自前のノウハウを持ち合わせていません。

そのため、メール相談担当者のスキル=成功率となってしまいます。

運良く優秀な人が担当になれば、うまくいくかもしれませんが、そうでない場合目も当てられない結果になってしまいます。

そのため、ギャンブル要素が強い点もデメリットと言うことができるでしょう。

3:パワーストーン

「復縁や恋愛運にプラスになる」というパワーストーンも販売されています。

確かに身につけることで安心感や精神面で守られているような気持ちにはなれるかもしれませんがそれだけで、どんどん復縁が進んでいくというのは考えにくいと思います。

もちろん、そういうのが趣味で身につけたいというのであれば、個人の自由ですし、どんどんつければ良いと思います。

ですが、パワーストーンだけで、ダイレクトに復縁が進むというのは考えにくいでしょう。

4:占い・占い師

占いの結果が良ければ気分が良くなると思います。

また、占い師に話をすることによって、カウンセリング効果が得られます。
それによって精神面で楽になる効果はあると思います。

ですが、何度も通ううちに、占い師に洗脳されてしまったり高い金額を払っていたというケースもあります。

よって、復縁のコストパフォーマンスという観点で見ると好ましいとは言えないでしょう。

5:復縁ノウハウ

プロが監修する復縁ノウハウを活用するという手段です。
メリットは、1~4に比べて、費用が安価という点になります。またサポート付きのプログラムも存在します。

ネット上でどこでも確認することもできますし、印刷することで、手元に置くこともできます。

また、サポートがついていれば、困ったときや悩んだときでも気軽に相談することもできますし、心強いです。

では、今回は、誰もが気になる部分、警戒心の取り方について説明していきたいと思います。

警戒心の取り方とは?

警戒心をとるためにはどうすれば良いのか?

その鍵は「信頼関係」です。

会話やメールで、警戒心を解くためには信頼関係が必要になります。

信頼関係は、会ったり、会話したり、接触頻度によって、構築されます。

あなたが、何度か顔を見せていて会話が出来ていて、彼から良いイメージを持たれていればある程度、釈明をしたり説得をしても考えてくれるでしょう。

このような場合は、警戒心をあなたの言葉やLINE・メールで払拭することも可能と言うことです。

ですが、それが難しい場合どうしたら良いでしょうか?今日は解決策のうち1つをお伝えしたいと思います。

会えない場合、どうやって警戒心をとるのか?

あなたが、会うことも出来ず、会話も出来ず、彼から良いイメージを持たれていないような場合です。

そのような場合には、釈明や説得をしようとしても聞く耳を持ってもらえないです。

このような場合には、警戒心をとる、つまり信頼関係を構築しようとするような会話もメールも逆効果になってしまうのです。

では、このような場合にはどうしたら良いのか?
というと第三者や間接的にも彼と関わりのある人に対して、未練を見せず明るくあっさり振る舞うことで、警戒心をとることができます。

「間接的だよ・・・」

と思ったかもしれません。

確かに、直接的な感じがしないので物足りない感じは否めません。ですが、実際にこの策をきっかけに復縁できた人は多いのです。

最近も、彼との直接の連絡は無し、というか音信不通の状態から、共通の知人へこのような対応をしたことで、警戒心がとれ、復縁した人もいます。

間接的と思うかもしれませんが、第三者、共通の知人と信頼関係を構築していきましょう。

そうすることで、彼との信頼関係にもプラスにつながっていきます。

 

⇒ 復縁講座5回目:成功率が高い=失敗可能性の低い復縁ノウハウ

© 2021 スケベの冒険 Powered by AFFINGER5