どうしても復縁したい女性必見!元カレと復縁する方法

どうしても復縁したい!元カレと復縁する方法女性におすすめの方法を紹介しています。

彼の事は大好きで結婚の話も出ていたのに、ちょっとしたすれ違いで別れてしまった・・・。

それから色々な男性と付き合ったけど、やっぱり忘れられないと悩んでいる女性も多いのではないでしょうか?

でも、どうやって復縁したら良いのか分からない。闇雲に想いを伝えたら拒否されそうで怖い。

彼があなたの気持ちを知った時の反応が怖くて、行動に移せないかもしれません。

ただ、どうしても復縁したいと心から考えている人は続きをご覧ください。

彼から「やっぱりお前じゃないとダメなんだ・・・」と言わせる事ができますので興味のある方はどうぞ。

どうしても復縁したい!元カレと復縁する方法

どうしても復縁したい!元カレと復縁する方法の解説に入る前に、あなたが別れた時の状況を説明させていただきます。

  • あなたが振った
  • あなたが振られた

別れた状況によってあなたの立場は異なりますし、復縁する際の考え方も違ってきます。

あなたが振った場合

それでは、あなたが振った場合の説明をしていきますね。

あなたに振られた元カレは、まだまだズルズルと引きずった状態で悩み続けている可能性があります。というのも、男性は女性と比べ気持ちの整理が付きにくいのです。

それなら、今すぐにでも復縁したいという気持ちを伝えれば、一気に復縁できるのではないの?と思うかもしれません。

ここは注意が必要です。

男性は、気持ちの整理がついていないですが、あなたから復縁を迫られても「男のプライド」があるため、「はい!お願いします!」とは出来ないのです。

逆に、「そちらから振っておいて何言ってるんだ!」と怒り出すかもしれません。もしかしたら、その反応に「え!?」と驚かされると思います。

あなたが振られた場合

次は、あなたが振られた場合の説明です。

男性は、女性とは違い感情的に別れを言い出す事が少ないです。「別れる」と心の中で決めていたら、100%女性と別れる覚悟をしています。

つまり、男性は別れる事をしっかりと考えていたので、頭の中は冷静です。

すでに、あなたの事は見切りをつけた状態のため、あなたに対する気持ちは皆無の可能性があります。

そのため、あなたが振った場合よりも復縁までの道のりはかなり長くなるかもしれません。

以上が、あなたが別れた時の状況について説明させていただきました。別れた状況によって、復縁の難易度は大きく変わりますので、その点は頭の中に入れておいてくださいね。

それでは、どうしても復縁したいあなたが元カレと復縁する方法の解説をしていきます。

LINEやメッセージを活用してアプローチ

彼氏の自宅や職場などに行き、復縁を迫るのは絶対にしてはいけません。男性の心情を理解していれば、おのずとわかる事ですよね。

復縁を達成するには、元カレとの溝を解消するために、直接会おうとしないでLineやメッセージを活用してアプローチしていくことが重要。

直接会っていないので、不満があるはずのあなたであっても、やりとりのハードルが低くなるので、少なからず「接点」が出来ます。

ただ、注意してほしいのですが接点が復活したといっても、付き合っていた時のようにLineやメッセージを送るのはイケません。

彼氏が「手間と感じない程度の回数」を守ってアプローチをしていきましょう。

アプローチする回数はどれくらい?

では、アプローチしていく回数はどれくらいでしょうか。

元カレの生活習慣を考慮し、仕事などで忙しい場合は2週間に1回程度がおすすめです。彼氏が寝る前くらいに送信するのも良いですよ。

次に、自由な時間が取れる元カレであれば、1週間に1回くらいで大丈夫です。

そして、特に意識してほしいのですが、Lineやメッセージの段階では、別れた時の事や復縁を感じさせる内容は書いてはいけません。

手短に挨拶や近況のみのやり取りまでとしておきましょう。

元カレに、別れた時の事や復縁を意識させてしまったら、一気にガードがキツクなるので復縁の成功率が下がってしまう可能性があります。

ちょっと具体的に送信のタイミングを解説しましたが、もっとやり取りをしたいとヤキモキしたかもしれません。

実は、毎日や2~3日置きに連絡をしてしまうと「別れているのに!今は付き合っていないぞ!」と思われます。ただ、1ヶ月というように期間を開けすぎてしまうと、あなたの事を印象付ける事ができなくなってしまいます。

「あいつ何がしたかったの?」みたいに。

もっと、付き合っていた時のようなメッセージを送りたいと思っても、「見える範囲にあなたがいる」程度で止めておくことが重要です。

これくらいのやり取りなら、元カレも嫌がらずに返信してくれるはず。

ただ、元カレは以前のように連続してメッセージが返ってこない事に不思議に思いつつも、あなたが何をしたいのか探っています。

そして、期間を守りながらやり取りを継続していくうちに、元カレはあなたへの返信を素直な気持ちでしてくれるようになることでしょう。

あと、このやりとりは長期間継続しないようにしてください。あまり長期間で続けてしまうと、復縁は遠のき「メル友」止まりになってしまいます。

友人関係であると主張していく

Lineやメッセージのやり取りが自然にできるようになってきたら、次はあなたの関係をはっきりとさせておくことが重要となります。

この関係性をはっきりさせておくことで、復縁までの期間が短くなる可能性もでてきます。

やり取りができるので、あなたの今の現状は「メッセージのやり取りをしている一人の女性」という事ですので、どう転ぶのか分からない不安定な立場です。

ここで元カレが「やっぱり関係を切りたい」と言われてしまえば、復縁することは不可能。

だから、そうなってしまう前にあなたから「今は友達」や「友達に戻ってしまったね」など、元カレにとって無害な友人関係としてやり取りすることで、元カレは「まあ仕方ないか」と納得してくれるのです。

といっても、どうして元カレは納得してしまうのか・・・?

実は、元カレはあなたから連絡があった時に、「復縁したいのかな?」「別れた事に後悔している?」など、考えを巡らせています。

そして、「もし、復縁を迫れらたら、ハッキリと拒否しよう」と心に誓っていて、二度と接点を持たないよう考えているのですが、意外や意外のあなたからの「友人発言

」。

ガードを上げ守りに徹しようと考えた元カレは拍子抜けしてしまい、思わず「それなら・・・」と承諾してしまうのです。

何はともあれ、「どうしたら良いのか・・・?」と悩んでいたあなたにとっては、最高に大きな第一歩を歩むことができました。もちろん、ここがゴールでは無いのはあなたしか知りません。

男性は、一度承諾してしまった事は簡単に訂正することができない傾向にあるので、モヤモヤ感は捨てきれないかもしれませんが、とりあえず「友達」まで立場を戻すことができました。

元カレの事は「友達」の立ち位置で

実は、100%こちらのペースで事が進んでいますが、あくまで「友達」として接する事が重要です。

すぐに復縁をチラつかせてしまうと、元カレは警戒しガードを強化します。現在は、「友達で」というあなたからのお願いに責任を取っているだけと考えましょう。

過信は禁物。

なるべく、元カレが「復縁したいのかな?」という意識が無くなってしまうくらい友達でいてください。

とはいえ、友人としてデートにも行くかもしれません。周りからしたら仲の良いカップルと見えるでしょう。

「あれ?もしかしたら、今すぐにでも復縁できるのでは?」と思ってしまうかもしれませんが、全然違います。

実は、まだまだ元カレの中ではモヤモヤした状態が解消されておらず、あなたの事を意識しているワケではありません。

あなたからの「友人関係」だから、仕方なく付き合ってあげているだけなのです。元カレは、あなたに対して愛情が回復していることは無く、いつでも突き放す覚悟ができているのです。

今のあなたは暗闇を恐る恐る歩いているだけなのです。ただ、元カレはあなたが「復縁したい」と考えていないことが分かれば、絶交に持ち込むことはありません。

つまり、あなたは復縁など考えていない、ただの友達という事を元カレに意識させることが大切なのです。

元カレも、友達であれば問題ないと思います。

ただ、この友達関係は気長に続けることが重要です。

肉体関係は絶対に避ける

無事友人関係になり安心しているかもしれませんが、ここで一番気を付けなくてはならない事があります。

それは「肉体関係」です。

友達に戻れたのだから、付き合っていた時のように肉体関係を迫られる可能性もありますが、元カレに体を許してしまったら取り返しのつかない事になります。

とりあえず元カレの意識を自分の留めておくためにも、肉体関係をチラつかせた方が良いと考えるかもしれませんが、復縁したい人にとっては逆効果。

あなたが肉体関係に応じてくれたら、元カレはあなたを突き放すことはありません。

ただ、それは「セフレ」として手元に置いておきたいだけなのです。

あなたは「友達関係であっても元カレとの関係を少しでも続けていきたい・・・。」と考えるかもしれませんが、あなたはきっと後悔します。

というのも、男性は「彼女」と「セフレ」は、同じ立ち位置にはいません。ハッキリと分けて考えています。

彼女は、一緒に買い物や食事に行ったりと楽しい時間を過ごし、愛情が育まれていきます。

しかし「セフレ」は、男性にとってはエッチをするだけの関係なので、あなたが想像している楽しい時間を一緒に過ごすという事は難しくなります。あなたは元カレにとって、性欲を解消するだけの存在なのです。

そして、一度セフレになってしまうと、二度と恋人になる事はできません。

なぜなら、男性はセフレの女性を「尻軽女」「頼めばやらせる女」と決定し、そんな女性は二度と彼女にしたくないからです。

しかも、辛い事にセフレの女性は、彼女>友達>知り合い>それ以外の女性という場所まで格下げされます。こうなってしまったら復縁なんて無理ですよね。

つまり、元カレの意識を自分に向け続けるためだとしても肉体関係は結んではいけないのです。

といっても友人のあなたに肉体関係を迫ってくることがあるかもしれませんが、きっぱりと「友達でしょ?」と断りましょう。

元カレは、気まずくなるかもしれませんが、「確かに」と恥ずかしく感じるはずです。

そういう態度で接しているあなたの事を、元カレは「しっかりしている女性」と感じ始めるかもしれません。

告白時の注意点

あなたは元カレと復縁するために、どれくらいの期間を使ったでしょうか。

数年間単位で頑張っていれば、元カレの警戒心は完全に溶け、あなたと本当の友人関係になっていると思います。

あなた達の状態は、仲がとても良い男女で「付き合っていない、恋人同士ではない」というだけです。

それでは、復縁という目的を達成するために「告白」を移す必要があるのですが、やはりここが最大の壁と言っても過言ではありません。

ただ、ここでフライングや勢いだけで突き進んでしまうと今まで頑張った事が無駄になり、さらに復縁が難しくなってしまう可能性があります。

では、どうしたら良いのか?

まずは、元カレとリラックスしながら日常会話をしていきましょう。

そして、頃合いを見てから元カレとの「思い出話」をします。

友達に戻った時の感情、今まで話さなかった「別れた」時の気持ち。

きっと、緊張して体中がガタガタと震えると思います。

今まで頑張ってきたけど、元カレが復縁を断ったら・・・と考えると、平常心ではいられませんよね。

ただ、誰もがそうなんです。それで良いのです。

あなたの元カレへの気持ちが、緊張感に乗せて伝えるのが一番効果があるのです。

辛いでしょうが、緊張を保ったまま元カレに想いをぶつけていきます。

きっと元カレは「え!?そうなの?」と困った表情を浮かべるはずです。

 

あなたは、別れた事への後悔や悩み、悲しみ、など心に詰まっていたことを全て話しましょう。

本当はすぐにでも復縁したかったことを。

元カレは黙ってあなたの気持ちを聞くでしょう。

 

最後に「もう一度付き合ってください」と元カレに告白しましょう。

きっと、あなたの想いを理解した元カレは、静かに頷き、あなたの事を抱きしめる事でしょう。

 

女性からの復縁は難しい?

どうでしたか?

期間は長く使う方が、男性の警戒心を解くには有効で、復縁にも適しています。

一度、決めた事はなかなか男性は変えられないという性格を持っているので、期間が短いを効果が復縁は難しいのです。

 

あなたに、それだけの期間を自分を抑えながら我慢する覚悟はあるでしょうか?それでも元カレと復縁したいですか?

もしかすると頑張った時間が無駄になってしまう可能性もあります。

ただ、あなたに覚悟と元カレに対する想いがあれば、きっと復縁は成功するでしょう。

 

とはいえ、こちらで紹介した復縁の方法は断片的なものであり、完全版ではありません。

ザックリとした方法は理解できたかもしれませんが、もう少し深堀した復縁する方法を知りたい・・・と考えているのではないでしょうか?

それに何年も復縁で頑張るのは辛いと感じているかもしれません。

 

もし、そう感じているのでしたら、約一か月ほどで効果が実感できる「復縁するための5つのテクニック」という方法がありますので、興味のある方はチェックしてみてください。

5分ほどで読め、3分で実践できる内容となっていますので、心強い武器になる事間違いありません。

 

実際に試した方々の感想も詳しく書かれているので、かなり参考になりますよ。

 

⇒ 復縁するための5つのテクニックの詳細はこちら

 

 

 

 

© 2022 スケベの冒険 Powered by AFFINGER5